2011年05月16日

梶原流置碁必勝法



梶原流置碁必勝法

久しぶりのレビュー
流れとしては、終始置碁の解説
石の勢力とか、場の価値とか
そういう観点で解説してあるので
布石から中盤にかけての本
解説自体はわかりやすい

置碁の本だと

並べるだけで白がうまくなる本 二・三子局
とか
天下五目の必勝戦略
とかあるけど

いいか悪いかは別として
前者よりは打つ手の意味というか考え方というか構想を重点に書かれている
後者は内容的には似てるんだけど、天下五目ほど丁寧にはかかれてない
多少上のレベル向けだということかな


棋譜解説の本が好きな人にはいいかも



posted by たまがみ at 03:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 棋書レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。