2008年03月28日

合宿

3月21〜23日に広島で合宿をしました
因島で本因坊秀策の墓を見に行こうという囲碁合宿っぽい計画でした

初日

広島城見学
そのあとお好み焼き食ってホテルへ

夕食はホテルで。ホテル内のレストランの物価がなぜかインフレしてて軽くぼられた

ハヤブサは遅れてきて夜12時ぐらいに到着

当初は静岡(新幹線)→東京(飛行機)→広島という意味不明なルートでこようとしていたが
碁盤を探しているうちに飛行機に間に合わなくなってあえなく新幹線で直接広島まで来ることに

ってか普通新幹線でくるやろ、マイルためたいからとかバカすぎるww

二日目
夜行バスで来たりっちょが早朝にホテル到着
みんなで囲碁をうつ
りっちょさん強くなっててびっくりしたw
でもハヤブサの阿古田さんレベルの意地悪な手にはまだ勝てないようだ

たまがみ、はやぶさはKGSでたくのすけに教わりながら何局か打つ

みんなでペア碁もした

絶対の一手をハヤブサがなぜか手抜きし大石が死んでしまい敗勢だったたまがみ、はやぶさペア
しかしヨセの途中たくのすけがよそ見をしている間に大石を救出、ザオリクがかかる

で、結局はやぶさ、たまがみの勝利

夕食はハンデ戦リーグで最下位だったりっちょさんのおごりでファミレスへ

夜はみんなでゲーセン、大フィーバーしてメダル1000枚ゲットも
メダル集めたから何なの?という根本的な問題にぶちあたる
結局その辺にいた中学生ぐらいの集団に大サービスで放流

三日目
なぜかたくのすけが早く帰りたがっている
おいおい、どうせすることもないしゆっくりいこうぜ?

あ?阪神競馬場にいく?とりあえず氏ねよ

で結局朝9時ぐらいに広島駅でお別れ

あれ、なんか大事なこと忘れてたような…因し…まあいいや



そういえば
広島はタクシーの運転手さんがやさしかった、いろいろ広島のことを教えてくれたりして
りっちょさんにいたっては広島駅までのタクシー代が直前で足りなくなったのにまけてもらったらしい



そんなこんなで春の合宿終了、次は東日本っぽいな






posted by たまがみ at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 合宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

勝てる囲碁の法則

基礎から学ぶ勝てる囲碁の法則

これ今絶版らしいんだけどまあ一応レビュー

まずタイトルがダメで、ダメっていってもむしろ売り上げには貢献したんだろうけど
この本は昔の囲碁学入門って本を改訂したものだそうで、実はただの入門書
勝てる囲碁の法則なんてのは商魂たくましいタイトルのつけ方

でも入門書なんだけど結構いいこと書いてある
アタリとかコウとかのルールが書いてある入門書ではなくて
ルールを覚えた人が次に読むような入門書

ただ非常に理屈っぽくて、文字が多いので初心者にはちょっと厳しいんじゃないかって気もしてくる

それぞれの章別に説明すると

隅の法則
星と三々は一手で隅を間に合わせる手で小目はシマリを意識した手とかそんな感じのこと

辺の打ちかた
二間開きは安定してるヒラキで四間は打ち込みあるよとかそんなこと

大場のランキング
布石の段階でこういうとこが大場だよ、とか
ただちょっとわかりづらい、タイトルだけ見ると役立ちそうだけどそうでもない

模様の囲い方
模様の中心点を見つけろとかスソ空きは囲うなとか

模様の消し方
打ち込みと消しについての基本的なことについて

石の能率
サカレ形とかの愚形についてとか

手割論、実践解説
そのまんま

まとめると、内容はいいこといってるんだけど文字が多くて初心者に向いてない入門書
理屈っぽい人とかが初めて囲碁やる時とかに見るといいかもしんない
ただ石倉さんの本とかと比べると正直あっちの方がいいような

まあそんな感じです

posted by たまがみ at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 棋書レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

活動報告

最近ほとんど更新してなかったけど実はそれなりに活動してました

SWTの活動を四か月分ぐらいまとめて残しときます

11月 

たくのすけ KGSに入るけど来るのが夜12時過ぎ、遅すぎだよマジで
はやぶさ  たまがみに完敗してからKGSにすら入らなくなる
たまがみ  大会が終わって燃え尽き症候群

12月
 
たまがみ  はやぶさが全く来ないのと大会がしばらくないのでドラクエとパワプロにはまる

年末

みんなでペア碁。はやぶさがぶちきれて「ペア碁なんて碁じゃねー」発言

1月
どうやらこの時期に対局数が少なすぎてKGSのSWT部屋がなくなったらしい

みんなの状況がよくわからんけど俺は(たまがみ)試験でした

2月

たまがみ  試験も終わりゲームにも飽きたので再び囲碁開始
はやぶさ  よくわからんがなんかまたやる気になったらしい

りっちょ(DS2)が加入。棋力はてらわろすな感じ


合宿(2月9〜11日)

合宿直前
金曜日に来て日曜に帰る予定だったはやぶさが土曜の朝に来て土曜の夕方に帰るとかいうハイパーDQNな発言をのたまう

合宿当日

金曜
たくのすけが到着、たまがみと二人で結構な数対局

土曜
昼に起きた、携帯見た。はやぶさから「悪いが今回はいけなくなった」
寝過ごしただけだろこのハイパーDQNが

日曜
よくわかんないけどたくのすけが親父さんと一緒に競輪しに静岡に行った

主な棋戦

王座戦

非公式ながらたまがみとはやぶさの7番勝負があり、4勝3敗でたまがみが王座獲得

棋聖戦 

たくのすけがやるとかいってるけどいっこうにその気配なし
たぶん誰かがかわりに運営しないと一生始まらないと思う


で、いまのところそれなりにだらだらやってます
次の目標は6月の大阪である団体戦です

posted by たまがみ at 03:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

厚みの本

今村さんにあこがれて一時期厚い碁を目指したことがあって
そん時に参考にした本のレビュー
もしかしたら一つずつレビューすることがあるかもしれんけどとりあえずざっくりと

厚い碁の作り方

羽根さんの棋譜にちょっとした解説、でも羽根さんの考えが書かれててまあ参考になるかな
ただ間違っても厚い碁の作り方は書いてない
でもまあ厚み派の人の考え方とかがわかってよかった
どうやらメンドクサイことは避けてあとで回収するといった考えらしい

本手の打ち方がわかる本

マイコムのいつもの形式、問題の後に解説
本手は狙いをもたないと本手ではないらしい、なるほどと思った
例えばこの石を厚くすることで将来的にあそこの打ち込みを狙うとかそんな感じ
もちろん本手を打った後の狙いも解説してる
どっちかっていいうとこっちの方が厚い碁の作り方って感じがするけど
ただわかりやすいんだけど内容が薄い、何回か読んだらもう読まなくなった

三村流 厚みの法則

厚みをつくって攻めて得しようって法則らしい、地にするのではなく
三村さんの棋譜でその辺のことを説明
厚みを攻めに活かすって考え方はわかった、が実践できない
あくまで考え方を学ぶ本で実践で使えるようにする本ではないようだ

高尾の力学

高尾さんの棋譜を使っての次の一手問題集
ただその問題がなんかこう解説見ても、だから何?って感じした
ただ答えあわせをしてるだけのような
もちろん高尾さんの考えも書かれてるけど他の本にあるようなテーマのようなものが見えてこなかった
打ち碁集を問題形式にしただけみたいな感じがする

まとめると

厚い碁→棋譜並べ+α
本手→ 問題集、一番わかりやすい
三村流→ 厚みを攻めに活かすための講義本
力学→ ウンコ、もしかしたら難しかったのかも

で、これらの本を一通り読んで、KGSで試してみたところ厚みの活かし方がとても難しいことがわかったので
ちょうちくん先生の本を読むことにしますた
posted by たまがみ at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 棋書レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

本筋とウソ筋

たくのすけから借りパクした手筋の本
たくのすけおすすめらしい

難易度はどうだろう、ひと目の手筋よりはもちろん難しい
kgs7〜8kぐらいになってようやくわかってきた気がする
二桁級の時は正直あんまり意味わからなかったな

手筋の本といえばよくウッテガエシやらなんやらとにかく石をとる問題が多いけど
石をとるのってあんまり実践ででないんだよね(まあこの前KGSで鶴の巣篭もりくらってしまったが…)

この本はそういう問題は少なくて、実践的な問題が多い
具体的にいうとちょっとよくわかんないけど、整形とかなんかその辺

ただ手筋の本あんま持ってないので比較ができない
他にいい本があるかもしれないし何とも言えません

ひと目の手筋との比較で言うと、難易度は上だし、石をとる問題はあんまりないってことは言えるというぐらい

まあ某たくのすけが推薦してたからいい本なんじゃないかな

posted by たまがみ at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 棋書レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

武宮の白番

評判がいいので読んでみました

レベル だいたい初段ぐらいから?
6点

武宮先生の白番の棋譜を17局、ただし中盤の70手ぐらいまでに絞って解説してある

解説はよくある棋譜の解説ぐらいのちょこっとしたもの
それほど詳細なものではない


なので人によって評価が結構分かれると思う
棋譜並べが好きな人は好きだと思うし、普通の解説書のような詳しい説明を好む人はあんまり好きじゃないと思う

なので個人的にはあまり好きじゃなかった

棋譜並べで勉強するのが好きな人にはいい本だと思う
posted by たまがみ at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 棋書レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

大会

先週の日曜日、予定通り一般の団体戦に出場してきました

大将たくのすけ
副将たまがみ
三将はやぶさのじゅん

でメンバー表提出

予選は6チームのリーグ戦、だけど時間の関係で総当りではなく三戦の結果で一位になったチームのみ予選通過みたいでした

ちなみに自分たち以外のチームはほとんどが法人のクラブチーム
有名な企業がいっぱいあった…

予選第一試合

相手チームは法人のクラブチーム

副将の自分の相手はおじさん
途中までいい勝負で、白番だったのでコミの分勝ってるかなーって思ってたら
ヨセの時にダメつめてオイオトシが炸裂、大石死んじゃってご臨終。

隼のジュンは途中で投了、でも対戦相手の人いわくまだまだうてる碁だったらしいけど…
なんでそんな碁でしかも団体戦で一番最初に投了するんだよw

大将のたくのすけは最後までうって20目差ぐらいで勝利
まあさすがといったところ、相手の人は初段〜二段ぐらいの人だったみたい

結果1−2で負け


予選第二試合
ここは企業のクラブチーム、名前聞いたことある有名な企業でした

隼のジュンは今回は最後までうって50目差ぐらいで負けたみたい

で、自分はたぶん負けてたけどいちよー最後までうってたらまたもや大石死んでご臨終。みんなすまんw

で、最後まで時間をかけてうってたたくのすけ
ぱっと見た感じ少し足りないような…いやいやまさかあんだけ調子こいてそんなことはないだろ

と思ってたらやっぱ負けてたw15目差ぐらい
彼いわく「途中でだいぶ得をして楽勝と思って緩めてうったら負けた」らしい
ほんとかよwwあんだけ調子こいてたのにw
まあ2回連続中押し負けの自分が言えた義理じゃないがw

結果0−3で負け


予選第三試合
相手は今度も企業のクラブチーム、でもあんま聞いたことない企業だった
たくのすけにいたっては「中小企業だよね?」いやいやw一部上場だったぞw(調べるまではもちろん私も知りませんでした)

大将のたくのすけは楽勝の碁で余裕勝ち、さすが大将ですね

隼のジュンはなんと開始10分ぐらいでうち終わる、どんだけ早碁なんだかwでも負けたらしい

ちなみに私は本来死ぬはずのない三々に入った石がぶち殺され
あせったあげく石を殺しにいったら余裕で生きられてご臨終、投了です。すんまそん

結果1−2で負け


そんで三試合のトータル0−3でもちろん文句なしの予選敗退
チーム初勝利はおあずけでした

まあいろいろあったけど楽しかった、来年も出る予定なのでがんばりたい

しばらくは出られるような大会もないので活動としてはネットで棋戦を行う予定です
人数が少なくてまだできないのですが、もし参加していただける方がいらっしゃいましたらぜひ参加してください
posted by たまがみ at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

大会前夜

明日はSWT初の公式戦です
メンバーは
大将 takunosuke 
副将 tamagami
三将 Godjun


です

副将と三将をどちらにするか迷いましたが、直前の対局の結果tamagamiが副将になることになりました

たくのすけ氏は三段以上の棋力であるため、初段以下のクラスで負けることは考えにくく
たまがみとはやぶさのじゅんのどちらかが勝てば勝ち抜けることになりそうです



SWTキャプテン隼のジュンのコメント

俺明日優勝したら…結婚するんだ…(死亡フラグ確認)





ちなみに大会前日までの三人の様子

隼のジュン
2週間ぐらい前にたまがみに大模様の碁で負けた日から華麗に模様派の棋風に転身
しかし苑田先生がぶちぎれそうなぐらい序盤で地を囲いまくって凝り形の地を大量生産した
昔の地に辛い棋風のときのほうが強かったとの話も…
昨日初めて厚みの活かし方をたくのすけから教わる。これできっと覚醒してくれるはずだ

たくのすけ
相変わらず余裕の強さ、本人も初段以下のクラスで負けるとは露とも思っていない
これが死亡フラグにならなければいいが…
まあでもなんないだろうな

たまがみ
正直もう少し時間があればよかったのだが…
ただ隼のジュンにはなんとか勝てるようになった、でも初段クラスで勝てるかどうかはかなり不安


それでは明日がんばってきます、結果はまたここで報告します
posted by たまがみ at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

大森泰志の自分流のススメ

大森泰志の自分流のススメ 8点ぐらい

タイトルは自分流のススメだけどこれはあんまりあってないような気がするw

だからといってなんてタイトルがいいかと言われると困る、中盤の打ち方に関してポイントだけを抑えた感じ

手抜きのススメ
石の価値を考える
石の攻め方
シノギ
消しと荒らし
の五章からなる本

手抜きのススメ
この章は非常に参考になった
こうやって本などで指摘されないと気づかない部分だと思う、特に級位者の人はついつい手を受けてしまいがち
この手抜きの考えを知るだけでもだいぶ強くなるかと

石の価値を考える
これも手抜きのススメと似た感じ、その石は価値があるかどうか考え、ないなら捨ててしまおうといった考えがわかりやすく説明してある

石の攻め方
弱い石から攻める、や利益になる方から攻めるなど
攻めの基本的な考えが書かれている
考え方に重点がおかれているのでわかりやすくスラスラと読めた

シノギ
ここもサバキの基本的な考え方に焦点をあてて書かれている
でもやっぱり石倉さんのほうがよかったかな、この部分に関しては

消しと荒らし
ここも同じく考え方のみ、やっぱ石倉さんの方がいい

まとめると基本的な考え方がまとめてあってとてもいい本だった
内容も非常にわかりやすく書かれていた、自分ぐらいの級位者向けのいい本だと思う
posted by たまがみ at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 棋書レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

レベルアップ?

金曜も多少ですが活動しました
メンバーは相変わらず私と隼のジュンちゃんの二人

二局打って一勝一敗でした
一局目は30目差の圧勝。2局目は途中まで圧勝ペースでしたがヨセでひっくり返されました
いや…なんつーか、あれは完全に俺がミスった…

でもジュンちゃんとの差がだいぶつまった、ってか超えた気がするww
これも石倉さんの本のおかげかなw

でもまあ結局一勝一敗なんで、次はぼこぼこにしてひざまづかせてやろうと思いますww
posted by たまがみ at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。